事務所からのお知らせ

介護保険料が3月分より変わります

平成31年3月分から介護保険料が変わります。翌月徴収されている場合は4月給与から変更になります。当月徴収の場合は3月給与から変更になりますので、変更を忘れないようにしましょう。

h31315niigataのサムネイル

ところで、今回健康保険料が据え置きだったようです。新潟県の健康保険料率は全国の都道府県の中で一番低いのです。

医療費がかかっていないからなのです。昨日2月19日の新潟日報朝刊の記事で、思わず「ガッテン!!」と言わずにはいられませんでした。「医師充足度、本件46位」下から2番目。医師偏在指標というもので表しており、東京が1位で329.0。新潟は169.8だから東京の約半分。指標は住民の年齢・性別から導き出される受診率、医師の年齢から推定される労働量、患者の流出入状況などのデータを基に算出されているそうだ。厚生労働省が出した統計問題で揺れている事案もあるが、統計は私たちの暮らしそのものを表わすデータであり、有用な情報を与えてくれる。そして「がってん!!」と思わされる情報がある。

国が出してくれる様々な統計データは無料で公開されているので、今後も楽しくデータを見たいと思う。

医師が少ないから通院も少なくなる。そもそも我慢強いのか健康なのか通院の需要(と呼ぶのがふさわしいのか?)が少ないので医療機関が少ないのか。卵が先かにわとりが先がという議論なのかもしれないが、個人的には我慢強さとか医者にかかる時間がないとかそんな事情もあるように思う。とはいえ、健康保険料が安いのは良いことではないだろうか。これで医師が増えると健康保険料も上がるということになるのかもしれない。

尚、平成31年度から任意継続被保険者の標準報酬月額の上限が28万円から30万円に上がります。退職時の標準報酬月額が30万円以上だった方は、平成31年4月分から30万円に上がることになりますので注意が必要です。

PAGE TOP