ニュース

助成金 new

NEW 令和4年度助成金 働き方改革推進支援助成金「勤務間インターバル制度導入コース」

働き方改革推進支援助成金 「勤務間インターバル制度導入コース」の概要

※予算が無くなり次第終了します。

※事前に計画申請が必要となります。

※その他細かい要件があります。

 

以下の中小事業主が

①36協定を締結しており、月45時間を超える時間外労働の実態があること

②年5日の有給休暇の取得に向けて就業規則を整備していること

など(他にも要件あり)

労働能率に資する機械や機器の導入、システムの導入などを行い、成果目標を達成した場合

その経費を助成します。

 

<経費の対象となる取り組み>

①労務管理担当者への研修

②労働者に対する研修

③外部専門家へのコンサルティング

④就業規則・労使協定の作成

⑤人材確保に向けた取り組み

⑥労務管理ソフトウェア・労務管理用機器

⑦労働能率の増進に資する設備・機械の導入・更新

 

<成果目標>

いずれかの1つ以上

①勤務間インターバル制度を新たに導入

②勤務間インターバル制度の適用範囲の拡大

③勤務間インターバル制度の時間延長

上記に加えて、指定する労働者の時間当たりの賃金を3%以上または5%以上引上げを行う目標を追加することもできます

<助成金額>

常時労働者が30人以下かつ、機械やシステムの金額が30万円以上の場合

補助率4/5

それ以外の取り組みにかかる経費

補助率3/4

 

<新規導入>

9時間以上11時間未満 ・・・ 80万円が上限

11時間以上      ・・・ 100万円が上限

<適用範囲の拡大・時間延長>

9時間以上11時間未満 ・・・ 40万円が上限

11時間以上      ・・・ 50万円が上限

その他賃金引上げ要件による加算額があります。

<具体的取組の例>

従業員が25名の会社で

新たにICカード型の勤怠システムを導入し、9時間の勤務間インターバル制度を新たに導入

勤怠システムの費用が60万円のため、60万円×4/5=48万円助成金受給

PAGE TOP