事務所からのお知らせ

令和3年 新年のごあいさつ NEW

明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。

 

令和3年度は事務所開業3年目の年に入ります。3年目は「強い基盤つくりと、新たな創造の年」にしたいと思います。モットーは「「変化を恐れず、変化を楽しんで、さらに柔軟に」です。

 

会社の価値は、働きやすい職場、働き甲斐のある職場から、「しあわせになれる職場」

へとシフトしていく傾向にあります。

しあわせとは・・・頭に思い描く事象ではなく、そこに自分の居場所が確かにあると実感が出来て、自分の能力を発揮出来ていることを実感し、共同体の一員として価値ある「もの」や「サービス」を創り出していると実感が出来ること。

そこで働く社員様が自分事として、感じ、考え、主体的に動く職場を作りだすことが社員さんのしあわせにもつながると考えます。

そこには、給料の高さだけではありません。休日の多さだけでもありません。福利厚生の充実さだけでもありません。それらはツールの一つであることは否めませんが、自社はどんな価値を創造していくのか、どんな社会的な役割を果たしていくのか、必ず目指す道しるべがあります。その道しるべが「善きこと」として社会は認めてくれるか、美しい行動であると認めてくれるか、正しき方向だと認めてくれるか、それを自分自身に問うて、大きくうなづけるのであれば、働く社員さんはそこに自分の居場所を見つけ、能力を最大限発揮し、ワンチームとなって成果を発揮することでしょう。

 

そして、人の可能性はその人自身さえ気づかない部分を隠しもったまま、ほとんどが生涯を終えてしまうと言われています。その人の強み、伸びしろを見出し、その人のしあわせにつながる職場つくりをめざしていってほしいと切に思います。

時々、パワースポットと言われる、樹齢なん百年という大樹があります。木は、そこに根を張るとそこを自分の生きる場所とし、地震、豪雪、台風、猛暑、病気を乗り越え、そこに佇み続けています。根の太さ、深さあっての幹の大きさ、苦難あっての大樹なのだろうと想像するとパワーがみなぎってくる感じがします。

どうぞ社員さんが根を張ってそこを居場所としたからには、生き抜く力を育て、美しい葉、美しい花を咲かせることができるような「しあわせを実感できる職場」にしてほしいと願っています。

 

これは中小企業、個人企業に関わらず、同じであり、小規模事業者様の方がより容易であるとも考えられます。社員さんみんなの顔が見えて、直接対話が出来て、直接様子がわかる。

なんとなく元気がない。最近○○さんと〇〇さんの関係性がぎくしゃくしている。家族で問題を抱えている。など、手にとるようにわかるのは小規模事業者様の強みです。

 

昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、厳しい経営を余儀なくされた事業者様も多かったと思います。

人間の歴史はすばらしいもので、変化には、変化で対応する知恵を人間は遺憾なく発揮してきました。困難な時代を乗り越える人間の力をこれからも目にしていくことが出来ると信じ、自分自身にも問いを投げかけ、令和3年のスタートを切りたいと思います。

今年度は、「変化を恐れず、変化を楽しんで、さらに柔軟に」をモットーにしていきます。

これからもご指導、ご鞭撻をどうぞよろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP