ニュース

助成金 new

令和3年度助成金 時間外労働の削減や休暇の充実などに取り組む

働き方改革推進支援助成金 「労働時間短縮・年休取得促進支援コース」の概要

※予算が無くなり次第終了します。

※事前に計画申請が必要となります。

 

労働能率に資する機械や機器の導入、システムの導入などを行い、成果目標を達成した場合

その経費を助成します。

 

<経費の対象となる取り組み>

①労務管理担当者への研修

②労働者に対する研修

③外部専門家へのコンサルティング

④就業規則・労使協定の作成

⑤人材確保に向けた取り組み

⑥労務管理ソフトウェア・労務管理用機器

⑦労働能率の増進に資する設備・機械のどうにゅう

 

<成果目標>

いずれかの1つ以上

①有給の特別休暇(病気休暇・教育訓練休暇・ボランティア休暇・新型コロナウイルス感染症対応のための休暇・不妊治療のための休暇)のいずれか1つ導入

②時間単位の年次有給休暇制度を導入

③月60時間を超える36協定の場合、時間外・休日労働を削減させる

<助成金額>

常時労働者が30人以下かつ、機械やシステムの金額が30万円以上の場合

補助率4/5

 

それ以外の取り組みにかかる経費

補助率3/4

ただし、1つの目標で上限50万円

2つ以上の取り組みで100万円以上可能

 

 

PAGE TOP